まいど憶良(おくら)です

関西のグルメ、関西の温泉、関西のスーパー銭湯など、関西を中心に石川・静岡くらいから鳥取・広島くらいまでの情報をお届けしています。食べ歩きや地元料理検索に活用ください。安い、おいしい、珍しいお店など、読んでよかったと思って頂ける事を心がけて書いています。「兵庫 グルメ」などのキーワード検索が出来るようになりました。検索窓かタグで「ぐるなび」「メシ通」の記事をまとめて見て頂くことも可能です。温泉まとめサイトとしての活用も出来ます。兵庫 温泉 大阪 温泉 京都 温泉などのキーワード検索もお試しください。

食べログ グルメブログランキング <-- 参加しました。押してもらえるととても嬉しいです。

ほんの少しの手間でかつ丼もちょっと変わった味わいに。 カレーかつ丼

 

f:id:okuradesu:20210117185702j:plain

毎度憶良(おくら)です。

実は今回、カツ丼をもう一種類作ってます。

カレーカツ丼です。

f:id:okuradesu:20210117185728j:plain

前回と出汁のところまでは同じ。

f:id:okuradesu:20210117185734j:plain

カレールーがあったので溶けやすいようにみじん切りに。

f:id:okuradesu:20210117185737j:plain

溶かしたら水溶き片栗粉でとろみもつけます。

f:id:okuradesu:20210117185740j:plain

溶き卵を入れたら、

f:id:okuradesu:20210117185747j:plain

ほら、カレーカツ丼の出来上がり。

f:id:okuradesu:20210117185749j:plain

ノーマルタイプと一緒に作って、

「どっち食べる?」

なんていうと、

「うわっ、何だかすげぇ」って思われたりします。

f:id:okuradesu:20210117185752j:plain

手抜きでもインパクトありです。

そして当然ながら、美味しいです。

 

 

 

 

簡単で美味しくて料理した気になる。 かつとじ丼

f:id:okuradesu:20210117183810j:plain

まいど憶良(おくら)です。

カツとじ丼って、カツさえ買ってきたら手軽に出来ます。

f:id:okuradesu:20210117183751j:plain

ネギと、出汁に使う椎茸を切りました。

f:id:okuradesu:20210117183758j:plain

めんつゆとかつおだしの素、干しシイタケと、玉ねぎも追加で入れました。

f:id:okuradesu:20210117183805j:plain

出汁は時間があれば早めに作っておいて一度冷めるまでおいておくと味がなじんで美味しくなります。

f:id:okuradesu:20210117183810j:plain

カツを適当に並べたら、

f:id:okuradesu:20210117184015j:plain

先ほどの出汁に水溶き片栗粉でとろみをつけて火を止め、

出汁をぐるぐるとかき混ぜてから溶いた卵を入れます。

卵を回しながら入れるより綺麗に入れることができます。

f:id:okuradesu:20210117184023j:plain

すぐに蓋をしてしばらく置くとふわふわになりますよ。

 

 

 

 

蟹たっぷり天津飯 レシピ付き

f:id:okuradesu:20201222004909j:plain

まいど憶良(おくら)です。

なんだかたまーに食べたくなる天津飯

簡単で美味しいレシピです。

f:id:okuradesu:20201222004919j:plain

先ずは白ネギ(青ネギでも可)とキノコ類を用意。

f:id:okuradesu:20201222004922j:plain

卵とカニ缶、オイスターソースを混ぜます。

f:id:okuradesu:20201222004925j:plain

キノコとネギを炒めたら、カニ缶とオイスターソース、卵を混ぜてフライパンへ。

f:id:okuradesu:20201222005006j:plain

 ざっと混ぜてこのくらい火が通ったら(つまり半分程度火が入り、ちょっととろっとした状態で)火を止め、

f:id:okuradesu:20201222004929j:plain

 ご飯の上に。

f:id:okuradesu:20201222004934j:plain

 オイスターソース小さじ1、醤油小さじ1、みりん大さじ1、少量の砂糖と水溶き片栗粉で作った餡をかけて出来上がり。

簡単で、美味しいんです。

f:id:okuradesu:20201222010046j:plain

好みで海苔やゴマなど

f:id:okuradesu:20201222010039j:plain

好きに振りかけて召し上がれ。

 

永谷園 広東風かに玉 2人前×5個

永谷園 広東風かに玉 2人前×5個

  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

浜松・浜名湖の、さんぼしのうなぎを取り寄せました。

f:id:okuradesu:20201222003219j:plain

まいど憶良(おくら)です。

浜松の、さんぼしのウナギを通販で買いました。

f:id:okuradesu:20201222003224j:plain

いつもならタレを洗い流して再度焼くところですが、

なかなかの高級品なので今回は説明書に従って食べてみました。

f:id:okuradesu:20201222003229j:plain

タレもそのまま。

魚焼きで焼き上げます。

f:id:okuradesu:20201222003234j:plain

ちょっと焦げやすい?のかも。

見た目ほど焦げていませんので、苦みは全くないです。

f:id:okuradesu:20201222003239j:plain

くどいようですが、本当に苦み無しです。

f:id:okuradesu:20201222003244j:plain

タレも付属のものを使いました。

f:id:okuradesu:20201222003248j:plain

なかなか美味しくいただけました。

値段だけのお味はあったと思います。

たまにはこういうのも良いですね。

f:id:okuradesu:20201222003253j:plain

ネギと海苔を入れて食べ、

f:id:okuradesu:20201222003258j:plain

 最後に出汁を入れて楽しみました。

 

 

餡かけなのにパラパラのチャーハン、パッタイ風ビーフンとセットで。 レシピ付き

f:id:okuradesu:20201221231101j:plain

まいど憶良(おくら)です。

パラパラ餡かけパクチーチャーハンと、パッタイビーフンを作りました。

f:id:okuradesu:20201221231127j:plain

パッタイビーフンは市販品を使います。

エビ、イカ、アサリ、舞茸、バジルを用意しました。

f:id:okuradesu:20201221231200j:plain

無ければなくても何とかなります。

f:id:okuradesu:20201221231212j:plain

フライパンで炒めたら取り出します。

f:id:okuradesu:20201221231218j:plain

こちらはチャーハン。

イカ、エビとパクチーパクチーはできるだけ用意した方がよりそれらしい味になります。)

ニンニクはチューブで代用しましたが生姜は冷蔵庫なあったので擦りました。

これも一度炒めて取り出してます。

ご飯に香味ペーストを混ぜ込むことで、脂分でご飯がコーティングされます。

更に玉子ご飯状態にすることで玉子でもコーティングされることとなります。

2重にコーティングすることで、もうどうやってもパラパラになります。

ここからベチャッっとしたチャーハンを作ることはむつかしいでしょう。

f:id:okuradesu:20201221231222j:plain

ビーフンの方は卵を溶いてフライパンに流し込みます。

味無し玉子焼きの感じ。

f:id:okuradesu:20201221231226j:plain

奥のフライパンには焦げ付かない程度の少量の油をひいて先ほどの玉子ご飯をどさっと入れました。

どちらも弱火です。

f:id:okuradesu:20201221231233j:plain

チャーハンはこの状態でしばらくほったらかします。

f:id:okuradesu:20201221231239j:plain

玉子焼きからざっくりとした大きめのいり卵状態に。

先ほどの具材を入れて時々混ぜます。

f:id:okuradesu:20201221231244j:plain

乾燥めんを乗せ、水を100ccほど入れました。

チャーハンの方は適当にしゃもじでほぐします。

裏返してみて薄いきつね色がついているくらいがベスト。

f:id:okuradesu:20201221231249j:plain

乾麺を下に、具をその上に移動。

水を吸うまで弱火のまま放置。

f:id:okuradesu:20201221231254j:plain

その間にチャーハンを中火にしてひたすら塊を切っていきます。

もう、パラッパラになります。

そりゃもう、パラッパ・ラッパーと言っても過言でないくらいパラパラです。

f:id:okuradesu:20201221231307j:plain

仕上げにナンプラーをふり、味を調えます。

もちろん胡椒などふりかけても良いです。

チャーハンはパラパラになったら盛り付けます。

空いたフライパンに酒、みりん、醤油、オイスターソースと砂糖少々、ケチャップほんのわずか、水溶き片栗粉で作った案を作っておきます。

隣のフライパンでは乾麺が水を吸っている頃です。

中火にして混ぜ合わせます。

混ぜにくければ水を足して下さい。

f:id:okuradesu:20201221231314j:plain

半分ほどチャーハンを食べたところで餡をかけます。

f:id:okuradesu:20201222001646j:plain

餡をかけようが何をしようが、餡がかかっていない内部などは、

しっかりパラパラです。

f:id:okuradesu:20201222001722j:plain

パラパラのチャーハンに餡掛けたら台無しちゃうん?という心配も無用。
パクチーが入った方がやっぱり美味しいです。

夜仕込んで朝焼く、ドデカフォカッチャ レシピ付き

f:id:okuradesu:20201221214416j:plain

まいど憶良(おくら)です。

新聞に簡単に作れるドデカフォカッチャというもののレシピが公開されていましたので作ってみました。

※ 吉永麻衣子さんのレシピです。

f:id:okuradesu:20201221214423j:plain

発酵も冷蔵庫でほったらかしにするだけなので楽です。

f:id:okuradesu:20201221214437j:plain

100均のタッパ(850ml)の底に針金を貼り付けました。

f:id:okuradesu:20201221214443j:plain

計量器と組み合わせるとダイレクトに計量ができます。

針金で固定しているのである程度固定されます。

強力粉180g、塩2g、ドライイ―スト2gをスプーンでまぜ、水を120g

程入れて混ぜます。

f:id:okuradesu:20201221214503j:plain

大体混ざったら水30gを粉っぽいところ目がけてぶっかけて混ぜます。

f:id:okuradesu:20201221214510j:plain

粉っぽいところがなくなるまでスプーンでまぜます。

手が汚れないのが良いところ。

生地の表面を平らにならします。

f:id:okuradesu:20201221214530j:plain

冷蔵庫で8時間寝かします。

夜作って、朝焼きましょう。

f:id:okuradesu:20201221214556j:plain

8時間後、しっかりと発酵し、膨らんでます。

f:id:okuradesu:20201221214606j:plain

レシピだと上にタップリ強力粉を振るそうですが、タップリ振ると粉っぽくなります。

ほどほどに。

側面をバターナイフなどで容器からはがし、そこへ強力粉を落としていきます。

f:id:okuradesu:20201221214615j:plain

4面すべて粉を入れたら裏返してアルミホイルの上に生地を落とします。

f:id:okuradesu:20201221215842j:plain

こんな感じ。

生地の短い方の端を持ち上げて三つ折りに。

平らになるようにやさしく抑えて10×15センチていどに整えます。

指でくぼみを作ってハーブソルトなどを振りかけます。

f:id:okuradesu:20201221215847j:plain

上面にオリーブオイルを塗ります。

f:id:okuradesu:20201221215852j:plain

アルミホイルごとオーブンへ。

f:id:okuradesu:20201221215928j:plain

オーブンなら余熱あり200度で20分焼きます。

オーブントースター余熱無し1200w15分でも可。

f:id:okuradesu:20201221215933j:plain

今回は粉が多くて粉っぽくなった箇所あり。

次回に活かしましょう。

バターを塗ったり、

f:id:okuradesu:20201221215939j:plain

明太子とバターを混ぜて、フォカッチャに乗せて焼いても、

f:id:okuradesu:20201221215945j:plain

ほら、美味しそう。

f:id:okuradesu:20201221215951j:plain

夜仕込んで朝焼く。

なかなか美味しくできました。

さて、これを基本として、より美味しく改良していきましょう。

 

こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ

こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ

  • 作者:池田 愛実
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 単行本
 

 

 

阪神西宮近くの大人気パン屋さん。一夢庵。

f:id:okuradesu:20201211010847j:plain

まいど憶良(おくら)です。

生まれて50年近くは、さほどパンが美味しいと思わなかった私ですが、グルメライターなんてものをさせて頂き、「パン」というか、「小麦料理」としてパンの美味しさがわかるようになりました。

f:id:okuradesu:20201211010811j:plain

そんな私がまたまたやってきたのはパン激戦区、西宮~夙川界隈。

f:id:okuradesu:20201211010817j:plain

阪神西宮駅近くの人気パン屋さんです。

f:id:okuradesu:20201211010822j:plain

その名も一夢庵

食パン専門店です。

f:id:okuradesu:20201211010827j:plain

もちもちの食パンは、生で食べてもテンションをあげてくれます。

f:id:okuradesu:20201211010832j:plain

帰るや否や食欲を抑えられず、一枚は生で食べて、

f:id:okuradesu:20201211010838j:plain

もう一枚は軽く焼いて食べました。

f:id:okuradesu:20201211010843j:plain

次の朝食。

いろんな店の食パンを食べてみると、小麦そのものの甘さ、バターの含有量、生食、焼き上がりなど、

f:id:okuradesu:20201211010847j:plain

色んな楽しみ方があり、とても奥深いっ。と思います。

それならと、私なりのパンの表現方法を探るべく、

お家でもパンを焼いてみたいと思う今日この頃なのです。

先ずは気楽なパン焼きに挑戦しましょう。

 

その様子はまたおいおい。

パンの魅力と製パン技法

パンの魅力と製パン技法