まいど憶良(おくら)です

関西のグルメ、関西の温泉、関西のスーパー銭湯など、関西を中心に石川・静岡くらいから鳥取・広島くらいまでの情報をお届けしています。食べ歩きや地元料理検索に活用ください。安い、おいしい、珍しいお店など、読んでよかったと思って頂ける事を心がけて書いています。「兵庫 グルメ」などのキーワード検索が出来るようになりました。検索窓かタグで「ぐるなび」「メシ通」の記事をまとめて見て頂くことも可能です。温泉まとめサイトとしての活用も出来ます。兵庫 温泉 大阪 温泉 京都 温泉などのキーワード検索もお試しください。

食べログ グルメブログランキング <-- 参加しました。押してもらえるととても嬉しいです。

憶良(おくら)のバタバタ タイ旅行3日目-2~バンコクメトロでGo!~

まいど憶良(おくら)です。

タイの旅3日目part2です。

バンコクメトロ(MRT)で移動

前回のユニオンモールのすぐ近くにあるパホン・ヨーティン駅。

ここから今日の宿泊ホテルがあるスクンビット(スクムウィット)駅まで8駅移動です。

※ 正確に言うとホテルの最寄り駅のプロムポン駅はMRTではなく、BTS(バンコクスカイトレイン)という別会社のため、乗り換えに一度駅を出てチケットを買いなおす必要があるということで、ナビアプリではスクンビットで降りて移動するという案内をしたということです。

タッチパネルで目的の駅を押すというシンプルな買い方なのですが、初めてだと戸惑います。

観光客が困っていると近づいて来て、親切に買い方を教えてくれた後、お金を請求する人もいるようなので注意しましょう。

と、インターネットに書いていたのですが、私は自ら人に近づき、移動方法を聞きながら移動しました。

私に悪い人を見分ける能力があるのか、単に運が良いのか、悪い人が思ったより少ないので遭遇しなかったのかは分かりませんが、皆さんは注意しましょう。

(おいおい、お前もだ!)

で、出てきたのがプラスチック製の丸いトークン。

これを改札機の黄色い矢印の「TAP HERE」の所にタッチします。

もう一つの「TAP HERE」はクレジットカード用ですね。

これ以外にチャージ式のMRTカードというのもあります。

有効期限が10年もありますのでよく行く人は作っても良いかもですね。

どうでもいいですが、タイでは「チャージ」があまり通じなくて「トップアップ」の方が一般的らしいですよ。

電車利用時の注意点

珍しいのが大きく表示されている優先順位。

こんな方には席を譲りましょうと書いてます。

1.身体に障がいのある人

2.ご老人

3.妊婦さん

4.幼児を連れた女性

5.お坊さま

ここで注意点ですが、女性はお坊さまには触れてはならないということですので、となりにお坊さまが座りそうなときは女性は席を移動しましょう

(日本の感覚では違和感を感じると思いますが、タイでは常識とされています)

 

電車内、駅構内では飲食は禁止です。

蓋のついてない飲み物は没収されることもありますので注意しましょう。

それから、ドリアンも持ち込み禁止です。

うっかりしそうなのが足の裏。

タイでは足の裏は不浄とされてるので、足を組んで人に足の裏をむけることがないようにしましょう。

足を投げ出して向かいの人に足の裏を見せる……のは、日本でもマナー違反ですね。

大都会やん、スクンビット

スクンビット駅周辺は、大きなビルが立ち並ぶ都会です。

ちょうどこの日(2月11日)春節にあたるということで、あちこちでイベントもありました。

スクンビット通り。

この時は知らなかったのですが、有名な観光スポットだったようです。

後日歩いて回ったので詳しくはその時にご紹介しますね。

スーパーが楽しいのは私だけ?

スーパーマーケットがあったので覗きました。

ジャパニーズフレーバーというブランド()があったりして、日本食が受け入れられている様子が分かります。

パック寿司も色んな種類がありましたよ。

豆腐、納豆、お漬物、味噌など日本製品もありました。

サーモン、鯛、スズキ、キジハタ、マナガツオ、ティラピアと、馴染みのあるものから、そうでないものまで売られていてテンションが上がりました。

マナガツオなんて、足の早い魚も刺身OKだなんて、その新鮮さにも感動です。

 

次回も引き続きスクンビットですよ。

この記事を最初から読みたい方は

https://okuradesu.hatenablog.com/entry/2024/03/31/184921

 

 

 

憶良(おくら)のバタバタ タイ旅行2日目-1 ~グラブバイク、快適やん~

まいど憶良(おくら)です。

タイの旅2日目part1です。

ホテルを出て街をキョロキョロ。

目についたスーパーマーケットを覗いてみました。

旅先の楽しみ、スーパーマーケット

広々としてとてもきれいです。

ここはマクロという名前のスーパーで、タイではメジャーなチェーンです。

調味料も豊富に揃っていました。

真ん中の冷蔵ケースはカニカマ(イミテーションクラブと呼ばれてます)専用。

カニカマだけでも、メチャたくさんの種類がありました。

海老のコーナー

CPというのはパシフィックシュリンプというブランドの様です。

写真を見る限り、天使の海老っぽいけど違うのかしら。

魚コーナー

見慣れた魚もいますが、見たこともないやつもいます。

ナマズもいましたよ。

食べたぁ~い。

甘鯛なんて、結構大きいサイズのものが、一匹500円ほどで売られてました。

羨ましいかぎり。

私は日本のでも、馴染みのない店なら平気で1時間でも2時間でも、食材だの、調味料だの見ていられるほどスーパー好きですが、ここは早めに切り上げて移動します。

 

今日はこのままバンコクへ向かおうと思います。

移動はバスにするか、出来れば寝台電車を利用したいなと思ってます。

そのために今日の宿はとっていません。

電車で、チェンマイバンコクの間にあるナコンサワンという所で降りて、そこで宿を探すのもいいなぁ。

チェンマイから電車で7.5時間、2387円、メチャきれいな観光地らしいです。

 

たまたま出会った、韓国人の観光客と話をしていたら、バスでの移動が安いし、「利用して良かったよと。」教えてもらいました。

なるほど。

じゃ、バスで移動しましょう。

移動はグラブアプリがとっても便利

タイのタクシーのすべてが、そうではないと思いますが、ホテルや駅などで客を待っているタクシーについては、ぼったくりの物があるようです。

 

そこで便利なのがGrab(グラブ)というアプリ。

乗る前に行き先を指定することで、事前に料金が確定するので安心です。

 

万一確定している料金以上を請求すると、利用者から悪い評価を付けられ、こういうトラブルがあったと一文も書かれる。

その為悪質なドライバーは淘汰されるシステムです。

 

アプリのセットアップ時にクレジットカードを指定しておくと、支払いも自動になります。

と、いうことで現在地(スーパーマクロ)からバスターミナルへとグラブバイクで移動することとしました。

現在地は入力するか、スマホの位置情報に任せることも出来ます。

荷物が多ければグラブタクシー、少なければバイクが安くて、しかも涼しくて(この日は2/10)快適です。

実はセットアップ時にクレジット情報を入れてたのを忘れて、お金を払おうとしたら、

「いらないよ」といわれてビックリ。

「なんでですか」「クレジット払いになってるから」

なぁるほど、そうだった。

しれっと貰っちゃうことも出来そうですが、ちゃんと説明してくれて、ありがとうございます。

 

さあ、次回はチェンマイバスターミナル。

チケットは無事買えるのか、美味しいご飯にありつけるのか、という話です。

この記事を最初から読みたい方は

 

https://okuradesu.hatenablog.com/entry/2024/03/31/184921

スーパーで買った飛騨牛をどうやって焼くのが美味しいのか。できるだけ簡単に焼いて、面倒くさくない程度にこだわって美味しくいただいた。

まいど憶良(おくら)です。

簡単レシピつきです。

f:id:okuradesu:20190705014910j:plain

飛騨牛って美味しいと言いますが、居酒屋さんで食べたところ、美味しくなくはないけれど、どうなんだろうと感じました。

f:id:okuradesu:20190705014915j:plain

と、いうことでスーパーで飛騨牛を買い込んで焼いてみました。

ちょっと高めのヒレ肉と、ちょっと安めのもも肉をチョイス。

出来ればお肉を焼く前30分前くらいにはお肉を冷蔵庫から出して常温に戻しておきましょう。

冷たいお肉を急に焼くとお肉がキュッと硬くなってしまいます。

f:id:okuradesu:20190705014925j:plain

写真上がヒレ(フィレ)、下がもも肉です。

 

牛脂を熱している間にお肉に5~7ミリ間隔に包丁を入れておきます。

これは筋を切るためで、お肉をより柔らかく感じながら食べられます。

適度に脂がフライパンにひけたらお肉を乗せ、すぐに塩コショウします。

f:id:okuradesu:20190705014927j:plain

強火で2分から3分。

焼き色がついたらひっくり返します。

肉を置いたら動かさないという人もいますが、それは厚くて熱い鉄板でのこと。

フライパンで焼くときは温度が急激に下がりますので適度に移動して熱い場所でしっかり焼きましょう。

f:id:okuradesu:20190705014948j:plain

ひっくり返したら弱火にして30秒、もしくは火を切って1分放置。

もっと丁寧に仕上げるならアルミホイルに包んで2~3分置いておくとうまく余熱で火がはいります。

f:id:okuradesu:20190705014952j:plain

こんな感じに焼きあがります。

塩コショウで十分美味しいです。

ももステーキには隠し包丁を入れて、繊維を断ち切っておくのがお勧め。

フィレはそのままでもOKかな。

面倒なら適当に包丁でお肉を叩くだけでも柔らかくなります。

ああっ、飛騨牛って美味しいっ!

f:id:okuradesu:20190705014954j:plain

岐阜の温泉、ひらゆの森でたまたま買った生ワサビをすりおろしました。

f:id:okuradesu:20190705014956j:plain

なければチューブのワサビでも良いかと思います。

これまたメチャ旨です。

生ワサビの場合は、できるだけ食べる寸前にすりおろすのがワサビの風味を殺さないコツ。

ももステーキはそのままでもいいけれど隠し包丁を入れてより柔らかく、そしてヒレステーキはもうそのままでも柔らかで、脂身の旨味も堪能できました。
もう病みつきにやりそうです。

f:id:okuradesu:20190705022007j:plain

ちなみに今回お肉を買ったのは

f:id:okuradesu:20190705022011j:plain

岐阜を代表するスーパーマーケット、

f:id:okuradesu:20190705022014j:plain

スーパーサトウのピュア高山店です。

スーパーさとうグループは岐阜県民ご用達のスーパー。

 

もちろん値段などは日によって違うので参考程度に考えてほしいと思いますが、全体的に食材の品質の高さはかなりのものだと思いますよ。

 

面倒な工夫をしなくてもこのレポートの焼き時間を参考にしてもらうだけで美味しく食べられますし、

できる範囲で手間をかけるとそれだけ美味しさはアップします。

負担に思わない範囲で楽しみながら料理するのがポイントです。

 

安くておいしく、がやっぱりいいですよね。 

岐阜の地域密着スーパーマーケット、ヨシヅヤの空気がとっても良いっ。

まいど憶良(おくら)です。

f:id:okuradesu:20170228164617j:plain

ローカルなスーパーが大好物です。

f:id:okuradesu:20170228164619j:plain

よしずやではなく、ヨシヅヤという所に、地方色をより強く感じます。

f:id:okuradesu:20170228164620j:plain

こういう、地元密着型のスーパーには、独特の食文化を大切にするというイメージがあり、それ故に店をクルクルと歩いているだけでも楽しめます。

f:id:okuradesu:20170228164622j:plain

だから何かというわけではなのですが、f:id:okuradesu:20170228164624j:plain

見て歩いて、楽しめました。

f:id:okuradesu:20170228164625j:plain

もちろん色々と買い込んで、家に帰ってから楽しませていただきました。

 

岐阜 スーパー 岐阜 

駅近便利でローカルフードも豊富。 パレマルシェ

まいど憶良(おくら)です。

f:id:okuradesu:20170116155922j:plain

岐阜県岐阜市にやって来ました。

f:id:okuradesu:20170116155923j:plain

名鉄の駅からすぐにある、オークワグループのお店、パレマルシェです。

f:id:okuradesu:20170116155925j:plain

オークワは和歌山に拠点を持ち、和歌山ではしっかりと根付いているスーパー。

甲子園球場にも看板が出ているので、目には映っている方はかなり多いと思います。

大阪、兵庫にも進出しているんですが、岐阜ではオークワ色を控えている感じがします。

f:id:okuradesu:20170116155928j:plain

地域密着感もあり、ご当地グルメも買える、 

f:id:okuradesu:20170116155929j:plain

売り場も綺麗なスーパーです。 

f:id:okuradesu:20170116155931j:plain

漬物コーナー、魚コーナーには地方色が色濃く出るので楽しいです。 

f:id:okuradesu:20170116155932j:plain

総菜物も充実してましたよ。 

 

 

岐阜県岐阜市神田町9丁目1番地1番

058-213-7791

 

岐阜 スーパー 岐阜

石川の朝市に行ったら、セットでチェックしたいスーパー。マイショップマツオ

まいど憶良(おくら)です。

f:id:okuradesu:20170110155145j:plain

他ではあまり見ないスーパー。

こういうご当地スーパーが私、大好きなんです。

f:id:okuradesu:20170110155148j:plain

この店の外は朝市でにぎわっていますが、店の中にもご近所さんが来られています。

f:id:okuradesu:20170110155150j:plain

ご当地の美味しい物が買えます。 

f:id:okuradesu:20170110155154j:plain

ゴーゴーカレーも売られてました。

これが美味しい。 

この店の常連さんと思しきおばさんに教えてもらったのが、ワカメ。

「もう、他のワカメとは全然違うんだから、食べてみ」と勧められて買って食べてみましたが、これが本当に、旨い。

別次元でした。

 

石川 スーパー 石川

静岡のマダムのお店? フードストアAoki

まいど憶良(おくら)です。

静岡県は御殿場にやってきました。

f:id:okuradesu:20160530165247j:plain

突然目に飛び込んで来た、高級そうなスーパー。

f:id:okuradesu:20160530165249j:plain

食文化のパラダイスというキャッチコピーが、なんだかカッコいい。

f:id:okuradesu:20160530165312j:plain

店の作りもオシャレっぽい。成城石井の様なイメージか?(例えられた成城石井もピンとこない方の方が多いのかも。)

f:id:okuradesu:20160530165313j:plain

謎のキャラクターは看板娘さんか?あちこちに登場します。

f:id:okuradesu:20160530165315j:plain

初めて見るスーパーにわくわくしながら

f:id:okuradesu:20160530165316j:plain

店内に入ると、出迎えるのは野菜のコーナーというのが普通のスーパー。

f:id:okuradesu:20160530165317j:plain

Aokiは違います。まず、お花。

f:id:okuradesu:20160530165319j:plain

御殿場店なのに、伊東店の売れ筋を紹介されてしまった。

f:id:okuradesu:20160530165320j:plain

入ってすぐ、短いエスカレーターを利用して売り場へ、というのも珍しい。

f:id:okuradesu:20160530165322j:plain

目立って何が安いとかはありませんが、高いということもありませんでした。

店舗イメージからすると高い感じがしたのですが。

f:id:okuradesu:20160530165323j:plain

こういう地方色の強いコーナーや売り場は見ていて本当に楽しい。

見たことのないメーカーを見ると衝動買いしてしまいます。

おかげで楽しいひと時を過ごせました。

 

静岡 スーパー 静岡