まいど憶良(おくら)です

温泉に行って美味しいものを食べ、ご当地スーパーで食材を買って料理する。ぐるなびの記事は兵庫、大阪、京都でまとめました。 「兵庫 グルメ」などのキーワード検索が出来るようになりました。

食べログ グルメブログランキング <-- 参加しました。押してもらえるととても嬉しいです。

山梨のワインは、凄い。呑む姿勢が違う。基本が違う。驚きのシャトレーゼベルフォーレワイナリー。

まいど憶良(おくら)です。

山梨、甲府から近い。

ここで味わうべきは・・・。 これは、どう考えても、ワインです。

f:id:okuradesu:20160515011103j:plain

しかし、私は日本のワインを侮っていました。

f:id:okuradesu:20160515011111j:plain

大変、失礼しました。

昨今の日本ワインブームは、知っていました。が、無理やりブームを作っているんじゃ、ないかしら、と、思っていたのです。

まさか、この地では文化、風習も異なっていようとは。

f:id:okuradesu:20160515011335j:plain

山梨にはワイナリーが沢山ありますが、何となしに、ホテルから近くのここ、シャトレーゼベルフォーレワイナリーさんにお邪魔しました。

f:id:okuradesu:20160515011352j:plain

試飲などもあり、なのですが、当然ドライバーの私は恩恵にあずかることもなく、嫁さんに、「どうなん?」「美味しいん?」と聞くのみ。

f:id:okuradesu:20160515011401j:plain

 しかし、珍しいものも見れました。

非加熱の、生ワイン。そんなの、聞いたこともないです。

f:id:okuradesu:20160515011412j:plain

でも、ワインって高級感があって、何となくなじみがないような。

イメージとして思い起こされるのは、せいぜい、川〇なお美とか、〇クト。

しかも、なんだか、高級ワインを飲むやつぁ、偉いみたいな、何でしょう、いけ好かない、イメージ?

(あくまでも、個人的なイメージであり、事実と異なる場合があります。)

実際、観光地の生ワインは、300ml程度で1600円と、なかなか手を出しにくいお値段でした。

f:id:okuradesu:20160515011420j:plain

実は、山梨の人は一升瓶でワインを買って楽しんでいる、という噂を近くの温泉で仕入れていたため、ワイナリーに行って、どんなものか見てみて、(どうせ観光客向け価格だろうから値段を覚えていて)その辺の地元スーパーで買えばいいや。

と、考えていたのです。

ところが。

f:id:okuradesu:20160515011429j:plain

ありました。一升瓶ワイン。

しかも、想像を絶す安さ。

そして、生ワインもありました。

これも、びっくりの安さ。

ワインコーナーのちょっと落ち着いた年であろうおねぇさんは、とっても気さくに、ワインの気軽さ、楽しさ、味について楽しくお話してくれました。

おかげで、ガ〇トとか、川島な〇美で付いてしまった、なんだかいけ好かないイメージもすっかりと払拭されました。

f:id:okuradesu:20160515011617j:plain

生ワインは、このような詰め替え可能ボトルに入っているため、お家の近くでも詰め替えが可能との事。うーん、私のワインスキルが足りないからなのか、生だから、どう、という感じはしませんでした。

若干、口当たりがいい?かな、みたいな。

f:id:okuradesu:20160515011654j:plain

そして、ついでに買ったおつまみの、このチーズが、めっちゃ旨かった。

f:id:okuradesu:20160515011705j:plain

すごい。侮れない。

チーズを売っていたコーナーの店員さんに、

「へー、珍しいですねぇ、こんなの、初めて見ました。」というと、

「あー、そーなんですねー。」

「どんな味なんですか?」

「えーと、チーズを・・・。」

「ふむふむ、チーズを・・・。」

「味噌に漬けた感じの味です。」

「あ~、そっかぁ~、まじでかぁ。」

と、いう感じだったので、全然期待していなかったのですが、これが、めちゃウマでした。

f:id:okuradesu:20160515011510j:plain

そして、一升瓶ワインです。

f:id:okuradesu:20160515011457j:plain

まぁ、安いので、最悪料理に使えば、とか、ビジュアルにインパクトがあるので、ブログで使えばいいかな。と思っていたのですが、

f:id:okuradesu:20160515011432j:plain

この値段で、この味だったら、文句のつけようがありません。

「このへんのおじいさんなんかは、大体一升瓶ワインをお湯のみで飲んでいるんですよ」という、そもそもの文化、風習の違いを侮っていました。

毎日、それだけ飲むんなら、まずいものをそんな量飲めるわけがない。という事に気づくべきでした。

山梨、侮るべからず。

と、いう事で、是非年に1,2回は山梨にワインの買い出しに行きたい、と、本気で考えています。

山梨 グルメ 山梨

シャトレーゼ ベルフォーレ ワイナリーバー・お酒(その他) / 塩崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4