食べログ グルメブログランキング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいど憶良(おくら)です

休日には温泉に行って美味しいものを食べ、ご当地スーパーで食材を買って料理する。その記録と面白いものがあればご紹介もしたいと思っています。

広島の地域密着型お好み焼きシリーズ 庄原焼きはソースを使わない、個性的なお好み焼き。 「お好み焼き ほっ!」

☆ グルメ 広島

まいど憶良(おくら)です。

f:id:okuradesu:20161226014303j:plain

広島は庄原市にやってきました。

f:id:okuradesu:20161226014304j:plain

ここ庄原には庄原焼きという独特のお好み焼きがあります。

f:id:okuradesu:20161226014306j:plain

まず、薄く生地を焼きます。

これは広島のお好み焼きのスタンダードな

f:id:okuradesu:20161226014308j:plain

スタートラインです。

そしてカツオの粉をプラス。

f:id:okuradesu:20161226014309j:plain

ちょっと周りを見回すと、カープの記事が。

f:id:okuradesu:20161226014310j:plain

生地にキャベツを山盛りに乗せます。

f:id:okuradesu:20161226014311j:plain

ん? 

f:id:okuradesu:20161226014313j:plain

その横にあるのは・・・。

f:id:okuradesu:20161226014314j:plain

おにぎり?

f:id:okuradesu:20161226014315j:plain

気になるおにぎりを横で焼きつつ、豚と、

f:id:okuradesu:20161226014316j:plain

もやしを乗せて。

f:id:okuradesu:20161226014317j:plain

一旦蒸していきます。

f:id:okuradesu:20161226014318j:plain

こんなちょっとした山みたいな

f:id:okuradesu:20161226014319j:plain

状態から

f:id:okuradesu:20161226014341j:plain

水分を飛ばしていきます。

f:id:okuradesu:20161226014342j:plain

・・・。5分経過。

f:id:okuradesu:20161226014344j:plain

おにぎりは焼き色が付いたらひっくり返します。

f:id:okuradesu:20161226014345j:plain

本体側は端から圧縮。

f:id:okuradesu:20161226014346j:plain

ぎゅぎゅっと圧縮したら、

f:id:okuradesu:20161226014348j:plain

卵を割って、

f:id:okuradesu:20161226014349j:plain

黄身をつぶすと

f:id:okuradesu:20161226014350j:plain

ヘラの端の方で

f:id:okuradesu:20161226014351j:plain

広げていきます。

 

f:id:okuradesu:20161226014352j:plain

 

最後におにぎりを再度圧縮すると

f:id:okuradesu:20161226014351j:plain

卵の上に

f:id:okuradesu:20161226014353j:plain

乗せます。

f:id:okuradesu:20161226014354j:plain

その上にいったん横で焼いていたキャベツ&薄皮を乗せます。

f:id:okuradesu:20161226014356j:plain

整えます。

f:id:okuradesu:20161226014357j:plain

そこから一度薄皮を外して

f:id:okuradesu:20161226014359j:plain

その近くに散らばったキャベツの残りなんかをちゃんと拾って

f:id:okuradesu:20161226014400j:plain

収納後薄皮で再度蓋をします。

f:id:okuradesu:20161226014401j:plain

同じ工程。

f:id:okuradesu:20161226014403j:plain

いよいよ中盤。

f:id:okuradesu:20161226014404j:plain

剥がして、

f:id:okuradesu:20161226014406j:plain

整えて

f:id:okuradesu:20161226014407j:plain

蓋を

f:id:okuradesu:20161226014409j:plain

とじる。

f:id:okuradesu:20161226014410j:plain

ここから佳境に。

f:id:okuradesu:20161226014411j:plain

熱の伝わり方を考えて、

f:id:okuradesu:20161226014412j:plain

ポジションを変えていきます。

f:id:okuradesu:20161226014413j:plain

仕上げにお好みを八等分。

f:id:okuradesu:20161226014415j:plain

切り分けると、

f:id:okuradesu:20161226014417j:plain

ざっと全体にネギをトッピング。 

f:id:okuradesu:20161226014419j:plain

梅干しと、紅ショウガと、

f:id:okuradesu:20161226014420j:plain

マヨネーズ を

f:id:okuradesu:20161226014421j:plain

トッピング。 

f:id:okuradesu:20161226014422j:plain

ソースはかけずに、ポン酢なんです。 

f:id:okuradesu:20161226014423j:plain

どうなんでしょう。 

へら(コテ)で食べます。

まずは、食べ方の指南通り、プレーン状態で素材の味を味わいます。

そしてポン酢をかけて。

焼きおにぎり入りとか、ポン酢で食べるお好み焼き。

特徴があり、一度は食べてみて損がない一品だと思いました。

地域を盛り上げるための工夫や、特徴を出して観光客を呼び込むという意気込みも伝わって、とてもよかったと思います。

こういう工夫のある地方限定お好み焼き巡りも楽しいと思います。

これからも、広島のローカルお好み焼きを楽しみたいと思いました。

 

関連ランキング:お好み焼き | 備後庄原駅